FC2ブログ

エルピス犬舎のブログ

08月≪ 09月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

トッピングは禁物(BUN)のお話し。




いつものフードをもりもり食べてくれると良いのですが、食べっぷりが悪くなってしまったりすると、とにかく食べて欲しいという思いから、ササミやお肉、お魚などをトッピングというようなことを、つい簡単に行ってしまうことはありませんか?



しかし、きちんと作られたクオリティの高いフードは、栄養バランスも考えて作られています。つまり「完全」なかたちに整えられています。そこに安易に高タンパクのものをトッピングしてしまうと、ボロニーズに「不完全」なものを与えることになってしまいます。そしてタンパク質過剰のお食事になってしまうのです。



病院で血液検査をして頂くと、その中にBUNという項目があります。これは血中尿素窒素の値です。これまでにもご紹介したように、タンパク質が体内で分解されるとアンモニアが生まれます。アンモニアのままでは体に毒なので、肝臓によって代謝され尿素が生まれます。その尿素のほとんどは、本来腎臓によって濾過されて尿の中に排泄されます。ただ、その一部は再吸収されて血中に戻されます。このサイクルがうまくいかなくなると、BUNの値がクレアチニンの値と共に上昇してしまいます。
このBUNの上昇のひとつの原因と考えられるのが、高タンパク食、特に長期にわたる高タンパク食です。さらに深刻なのは、さまざまな腎臓の病気、下痢や嘔吐によって急激に体内の水分を失った脱水状態、やけどや悪性腫瘍など、体の組織が壊されるようなことが生じた場合、などなどいろいろな原因が考えられます。



腎臓というのは、ダメージがたまってしまって異常を生じてしまうと、治療が大変難しい臓器です。それだけに、まず、給餌のことフードのことは大切に考えたいのです。
安価な栄養バランスをきちんと考えていないフードをボロニーズに与えることは、あまりにも大きなリスクをボロニーズに与えてしまうことです。このことはいうまでもありません。しかし同時に、きちんと調べて最適なフードを見つけたら、そのフードはフードだけで完全なお食事になるように、きちんと考えて作られているので、それにわたしたちが勝手にトッピングをしたりして、栄養のバランスを崩してしまうことは、とてもマイナスなことになります。それより、犬種的な傾向をきちんと考慮して足りない要素については、きちんとサプリメントで補いましょう。サプリメントも、散剤や錠剤にするために色々な添加物が含まれていたり、カプセルなどはそのでんぷんに問題があることもあるので、綿密な成分を考慮した上で、慎重に洗練されたものを選ぶことが大切です。
血液検査で、BUNが少し高めと言われたら、お食事を見直すチャンスです。これ以上、腎臓に負担をかけてしまわないように、お食事のチェックができるとよいと思います。また今の給餌で良いのかどうか定期的に血液の検査は必要でしょう。ボロニーズであることを獣医師に告げ必要な項目を重点的に、定期的にチェックしましょう。



わんちゃんの葬儀







ADDちゃんが天国に旅立ってから3ヶ月、そして今日はフィッチャンの2回目の月命日です。



この子達と会えなくなってから、色々なことを考え巡らすことが与えられました。



ADDちゃんを天国に送るときも、フィッチャンを天国に送るときも、我が家で、お葬式をしてあげました、パパは牧師が本業で、私は教会のオルガニストなので、教会で、遺体をみんなで囲んで、私がオルガンを弾き、パパがお話しをして、お祈りをして送り出しました。



教会の庭にペットパパさんhttp://www.petpapa.jp/にいらしていただき、葬儀の後に、火葬をしていただきました。ペットパパさんもとってもあたたかい会社で、手作りのもので、お骨の壺をを包んでくださり、フィッチャンの時にはADDくんのぶんまで、記念日が刻める可愛い手作りのペンダントを用意してくださいました。



今回このペットパパさんにご協力をお願いして、犬舎で、キリスト教式のわんちゃんたちの葬儀を、ご希望の方からは、お引き受けしていくことにしました。



いつかはやってきてしまう、家族の一員であるわんちゃんとの、お別れをどのようにするかと言うことが、いかに大切で、私たちにとって貴重な心のひとこまを刻むときであるかを、痛感しました。





ご希望の時には皆様050-3620-7643まで24時間受け付けておりますので、お声をおかけ下さい。





夏の疲れ・・膵臓




この絵フィッチャンです。



フィッチャンが天国に行ってしまってから一ヶ月が過ぎました。フィッチャンがいないことにまだなれていなくて、時々フィッチャン!とよんでしまったりします。



フィリア家で精一杯生きてくれたフィッチャンが秋にはいないことが寂しいフィリア家です。













9月も半ばに入り、涼しい日が多くなりました。





夏の疲れが少しずつ現れる時でもありますから、お家のボロニーズたちの健康状態をよく観察してあげることが大切です。



主に見逃しがちなのは、、「この子は空腹になると吐くから・・。」と吐くと言うことになれてしまって、重篤な病気の前兆を見逃してしまうことです。





夏の終わりに、健康検査をするときには、膵臓、(リパーゼ)の値も調べてあげましょう。特に、吐く事がある子、食むらがある子は調べておくと安心です。





膵臓の病気には、主に、慢性膵炎と急性膵炎が知られています。急性膵炎の場合には膵臓が出している、とても強い消化酵素によって、膵臓自体がダメージを受けたり、溶かされてしまったりと言うことがおこります。急性膵炎の場合には明らかに、異常事態が分かるような症状を呈するのであまり見逃すことはありません。吐き方も尋常ではなく、何回も、ひどい勢いで吐き、腹痛も訴えます。急性膵炎は、飼い主も直ぐ気がつきます。



しかし慢性膵炎の場合には、嘔吐、腹痛、下痢などは2,3割しか見られず、調べてみたら、慢性膵炎にかかってしまっていると言うことが非常に多い病気です。慢性膵炎の場合には、原因があまりにも多くあって、特定するのも難しいのです。



血液検査によって、リパーゼの値が極めて高くなります。また「膵特異的リパーゼ」をはかることによって、より正確な数値を把握し、病気の状態を知ることができます。



この「膵特異的リパーゼ」の値によって、膵臓の専門的な治療が行われるようになります。



ボロニーズには、メシルサンガビキサートという静脈点滴が推奨されます。



他にも静脈点滴の薬剤はあって、例えばナフォムスタットなどがあります。



膵炎の治療については、今の獣医学の見解の中では色々な考え方があります。前に述べた、これらの膵酵素阻害剤を全く行わない病院もあります。





膵臓は、胃腸炎などの消化管系の病気とも区別が付きにくいので、きちんと血液検査によって、診断を受け適切な治療をすることが大切です。



膵炎は命にも関わることのある病気でもありますから、大事な家族の様子を、この夏の疲れが出てくる季節にも見逃さないように過ごすことが大切でしょう。

ボロニーズの気になる涙やけ・・・。




ボロニーズの目は、約生後3年で成長が完成されると言われています。



数年前までは、涙やけに悩んで眼科医を訪れると、内眼角形成術という手術を奨められ、麻酔下で手術を受けて改善する仕方がありました。今もそれは確かに有効な方法なのですが。現代最先端眼科医療において、生後3年までは、目のケアを手厚くしながら成長を待つと言う姿勢が推奨されるようになりました。



また、目の際に生えているまつげや、逆さまつげは抜きましょう。と言う治療も行われてきましたが、昨今では、抜いてしまったあとに起こるリスクを考慮し抜かないでおくという傾向が強くなって来ているようです。抜くべきまつげは生えてはいけないところに生えているまつげのみ。





生後3年前に発生する涙やけは、専門眼科医に受診した後は、手厚いケアが必要でしょう。細菌感染を引き起こさないように目のまわりのコートは短く切って細菌感染を防ぎましょう。眼科医で軟膏が処方されることがあります。軟膏は目の白目の部分に乗せてあげるようにつけてあげます。涙がしたたり落ちないように、マズルのコートも短くしてあげましょう。





生後3年を過ぎて目の形状が完成して、その形状に異常がないのに尚涙やけが生じるときには給餌が深く関わっています。



粗悪なフードや、体に合わない給餌によって涙やけは発現します。



一般的には、下まぶたから流れ出るように頬に向かって流れ出ているような涙やけは、先天的な目の形状の問題がある場合が多いのですが、目の回りに円を描くように赤く発症する涙やけや目尻にこびりつくような涙やけ、は主に給餌によるものが多いでしょう。



毎日のお手入れとしては、蒸しタオルで目を覆って蒸し、しばらくたってからきれいに拭いてあげることです。冷たいタオルや、生ぬるいタオルでは、地肌に水分が残ってかえって細菌感染の原因を作ります。必ず蒸しタオルで拭いてあげた後は自然に水分が蒸発していく温度、かつわんちゃんがやけどなどしないで心地よく感じる温度でケアしてあげましょう。



ボロニーズの涙やけについては、HPにも少し記してあるので、参考にご覧下さい。





<オーナー様募集>についてはお問い合わせ多数につき順番に対応させて頂いておりますので、ひとまずここで終了させて頂きたいと思います。



メールフォームからお問い合わせ頂きました方達にはご迷惑をおかけ致しますが、順番に対応させて頂いておりますので、しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。どうぞよろしくお願い申し上げます。







HOME

プロフィール

atom1019

Author:atom1019
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR