FC2ブログ

気管虚脱について(ボロニーズの場合)。

気管虚脱について


 ボロニーズの咳は、いろいろな原因が考えられます。心臓の疾患からの咳もありますし、ケンネルコフやジステンパーなどウィルスや細菌による深刻な病気による場合もあります。そのような咳の原因の一つで、ボロニーズも含めた小型犬に多い病気に、気管虚脱があります。
 犬の気管は、35~45個のCの形をした気管軟骨と、弾力性のある輪状靱帯(筋肉)でできています。気管虚脱というのは、この気管が押しつぶされるように変形してしまって、呼吸困難、呼吸による体温調節ができなくなってしまう病気です。
 正確な原因は分かりません。しかし、太りすぎて脂肪が体内に増え、その脂肪に押されて気管が変形してしまったりします。ボロニーズは傾向として食欲の旺盛な子は、体重が増えてしまいがちな子が多くいます。また歯槽膿漏などの口の中の感染症の影響、興奮しすぎて体温が上昇し過呼吸になったり、などとの関連が考えられます。
 ボロニーズを含めた小型犬に多く見られます。これも、なぜ小型犬に多いのかは不明ですが、子犬の頃から頭を背中の方にそらすようにして、私たちに向かって吠えたりしっぽを振ったりします。この姿勢と呼吸が気管虚脱の遠因になっているとも言われるのです。ボロニーズでも、しょっちゅうこの姿勢をとっていることを見ます。当たり前のように考えずに、少し注意して、あまり頭を背中側にそらさないように見守ることが大切でしょう。 気管虚脱には頸部気管虚脱とそこから発生する胸部気管虚脱があります。
 興奮したときや、激しく吠えた後、運動をしたときや、散歩の時に首輪で首が圧迫されたときなど、咳き込み、ガアガアとガチョウが啼くような咳をし、ゼエゼエと呼吸が苦しくなり、苦しさを我慢するようにうろうろしたり、動けなくなると座り込み、舌を出したままよだれをたらす。程度の差があっても、これらの症状が頸部気管虚脱の状態です。さらに進むと下の色がチアノーゼを起こし、青紫色になったりすることも起こります。
 気管が頸部だけでなく、胸部まで狭まってしまうと、いよいよ呼吸困難になり、窒息状態に陥ってしまいます。
 この疾患で何よりも大切なのは、早期発見です。だからこそ、気になる咳があったらば、例えばお水を飲むのがどうもへた、お水を飲むときむせるような咳をするなど、その子によって、発症の症状は違います。一日も早く獣医師に見てもらうことが必要でしょう。レントゲン撮影などですぐ確認することができます。治療が遅れると、救命できても脳や肺に回復できないような障害を残してしまうリスクもあります。
 気管の変形なので、根治することは難しい病気です。咳中枢に作用する咳止め薬や気管支拡張剤を服用するなど、症状に対応することになります。状態によってはステロイドの服用も考えられます。どうしてもそれでも必要な場合には、ステントを入れるという処置が考えられますが、合併症などのリスクがあることを承知しなければなりません。
 日常の生活で大切なことは、肥満気味の子はとにかくきちんとやせさせて理想体重に近づける。できるだけ興奮させない。気管を狭めるような姿勢を取らせないように注意する。部屋の乾燥に気をつける、などのことがあります。冬の季節の乾燥に気をつけることはもちろん、これからの季節クーラー(エアコン)をかけることで、思う以上に部屋が乾燥してしまうことが起こります。適度な湿度にコントロールし、少しでも気になる咳をするようであれば、散歩は涼しい時間帯に、首輪ではなくハーネスにしてするのも良いでしょう。
夏はただでさえ健康管理が難しい季節です。
病気発症のシグナルも見落とさないであげたいものです。

便の太さとボロニーズの病気

人間の場合でもそうですが、大切なボロニーズにとっても「便は健康のバロメーター」です。便を片づけるとき、色、形、固さなどチェックしてあげておられることでしょう。色や形については改めて記したいと思いますが、今日は太さと健康状態の結びつきについて書いてみたいと思います。
 便が急にこれまでの太さから細くなってしまったと言うようなことがありましたら、やはり獣医師の診断を仰ぐのが良いと思います。
 腸の問題で、腸に腫瘍、ポリープのようなものができて、腸管を狭くしてしまい、便が細くなってしまっている可能性があります。
 また、腸と関係ないように思われますが、去勢していない男の子の場合、前立腺肥大などで患部が腫れてしまったとき、人間の場合には腫れが下に向かっていくそうですが、犬の場合には上に向かってはれていき、腸を圧迫してしまうことがあるのです。その場合にも、便が細くなっていきます。女の子なら膣の平滑筋肉腫などの可能性もあります。
 加齢も含めた様々な原因で、腸を支える筋肉が弱ってしまうことも起こります。本来はゴムのように柔軟性を持っているはずの筋肉が、固くなってしまい、力も失ってしまうのです。そうすると、脱腸気味になってしまったり、頑固な便秘症状、便が細くなったり、細切れでぽろぽろとした便になります。もう少しきちんと調べなければなりませんが、ある人は、この筋肉が弱くなる原因のひとつに肝臓が弱ってしまうことをあげています。いつも言うように、ボロニーズは肝臓の弱さを持ちかねない犬種です。内臓を支え、動かす筋肉にも肝臓が関係するのであれば、いよいよ若いときから肝臓を労るように、心がけてあげることが大切なことでしょう。
 このように、いろいろな病気のサインとして便の太さがあると思いますので、いつもと違うなと思ったら、獣医師に相談してみてください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR