FC2ブログ

エルピス犬舎のブログ

. 乳歯期歯科検診

2015年12月16日生まれの、子犬ちゃんたちの12週齢の乳歯期歯科検診が終わりました。
みんな、遅延もなくきちんと乳歯が生えてきているということで検診のみで処置はありませんでした。

東北地方に嫁いだ次女ちゃんは、お母さんと一番の新幹線に乗ってきてくれました。
処置がなかったので、検診が終わったらお預かりして、お母さんは東京散策、次女ちゃんは犬舎で久しぶりにママのVENICEに再会。そのあと爪切り、シャンプー、をしてお母さんの帰りを待ちました。

久しぶりの次女ちゃん。
シャンプーしてかわいくなりました。
犬舎のじいやに抱っこ。
IMG_1060.jpg
一つ上のお姉ちゃん真理子にそっくりなのでびっくりしました。
無事に帰れたかなぁ~~。

今度の検診は5月です~。

. 12週齢の乳歯期歯科検診

160318_133407394.jpg
2015年12月16日生まれの兄妹は早いもので十二週齢を迎えました。
いよいよ3月21日には「乳歯期歯科検診と処置」に行ってきます。
私たちの犬舎が日本に生きるボロニーズたちが一生健康で元気であってほしいと願って大切にしている歯科検診です。
この成長の時期にしか行ってあげることにできないもので、12週齢の乳歯期から24週齢の永久歯に生え変わる交換期に犬舎が大事にして必ず行っているものです。

飼い主の私たちはなかなかワンちゃんの口の中を見てあげることが少ないと思います。見てあげられても、前の方にはえている門歯や犬歯、よく見てあげられても、前臼歯がやっとだと思います。しかし後臼歯も含めて口の中全体が健康であることが、ワンちゃんの健康の基本でもあります。

私たちの犬舎ではボロニーズの犬種的な特徴からもこの検診は一生を元気で健康に過ごすために欠かせないものとして行うことを
お願いしています。

この時期に口の中をきちんと整えてあげないと一生の問題として将来的に不健康が生じたり、病気発病の原因になってしまうからです。

月曜日には頑張ってきます~。
その様子はまた検診が終わってから報告しますね。

みんなかわいく成長して、本当に早いものですね。

犬舎では次の命を育む準備に入っています。
また春の終わりごろには新しい命が生まれます。
健康で元気なボロニーズが日本に増えて、この素晴らしい犬種を一人でも多くの方が知ることができますように。
この子たちと家族になることで、みんなが幸せになって笑顔がたくさん生まれますように。

そんなことを願ってブリーディングにこれからも頑張っていきます。

可愛くなったでしょ。
4頭を代表して、お写真は長男君。

. 優しいお兄さん

3月10日は、3か月譲渡の男の子組を連れて今年最後の12週齢ワクチンに行きました。
ワクチン接種は午前中に打ってあげないと副作用が出た時に対応がしにくくなってしまうので、午前中の診察予約で行きました。
犬舎の子どもたちのお世話を朝早くから済ませていくとなると大忙しの朝となりました。

車に男の子組さんをキャリーに入れて乗せました。
この日は寒くなった日だったので湯たんぽを中に入れました。

オル子さんが大事に子犬ちゃんたちの入ったキャリーを抱えていると、隣から、だれかさんの優しい手が添えられていました。
ぶうちゃん。
優しいね~。
いつも一緒にいる子犬ちゃんたちが「どこに行くの~?」と中からきゅんきゅん泣くから、オル子さんと一緒に手で押さえてあげていました。
その様子が撮れたのでご紹介です~。

ボロニーズバカってばあやは言われてしまうかもしれないけれど、こういうところが素敵ななんだよなぁ~。
ぶうちゃんは家族の中でも特に感受性が強いし、やさしくって、ちょっとお豆腐メンタルなところがあって、愛すべき
可愛い男の子なんですよ~。
あったかいぶうちゃんの心に触れてばあやの心もあったかくなったよ~。
寒い日だったけれど、お付き合いありがとうね~。

トリミング前のぶうちゃんだけれど、優しいぶうちゃんをUP~!!
160310_102327795.jpg

. 訃報(悲)

NEC_0677.jpg

エルピス犬舎が最初にイタリアから直輸入したジュリアス(LORENZO)が3月4日午前9時永眠しました。
13歳3か月33日の生涯でした。
まだまだ元気でいっぱい長生きするはずのジュッチャンでしたが防ぎようのない不慮の事故で、急に逝ってしまいました。

私どもにとってジュッチャンの死はショック過ぎてまだ信じられず、心に大きな痛みを今も負っています。
すぐにこのブログにも書きたかったけれど、あまりの傷心状態で実は記すことができませんでした(涙)(涙)(涙)。
しかしこのことを記さなければ犬舎のブログは続いていかないと思いました。
この一週間余りの時間、このことを書こうかどうか迷いながら書けないで過ごしてきました。
私にはジュッチャンの死を皆さんに伝えずして、他の記事を書く気にはどうしてもなれなかった(涙)。
このことに目をつぶってどんな記事を書いても、それは表面的な記事にしか書くことができませんでした。
だから、ずっと書けないで更新できないままになっていました。
でも、全国各地にいるジュッチャンの子どもたち、孫たち、一生懸命生きているみんなのためにジュッチャンの死を知らせなければいけないと思いました。

最近では加齢のため背骨が少しずつ曲がってきて整形外科にも受診していましたが、まだまだ元気で骨もしっかりしていて、
主治医の先生からも頑張りを褒められていました。まだまだ元気でいられるはずでした。

ジュッチャンの全国にいる子どもたち、孫たち、ジュッチャンがまだまだ生きたかった生涯を覚えて、ジュッチャンの分まで、ずっとずっと元気でいてください。

イタリアからやってきて、日本語も最初はわからず、日本になじめるかとても心配しましたが、ジュッチャンはすぐ日本にも慣れて、我が家の大切な大切な家族となりました。

ジュッチャンがもし日本にいなかったら、今のエルピス犬舎もありません。

ジュッチャンの死のわけは,傷心しすぎているため、悲しすぎて今はだれにもお話しすることができないのです。
だから、聞かないでね・・・。ごめんなさい。

天国のジュッチャンへ。

ジュッチャン。
フィッちゃんや、あっちゃんや、オルちゃんに会えましたか?
ジュッチャンもフィリアズファミリーの大切な一員だからきっとフィッちゃんが優しく迎えてくれたよね。
ジュッチャン、日本に来てくれてありがとう。
素晴らしい命を日本でたくさんはぐくんでくれてありがとう。
ジュッチャンへのありがとうは数えることができないよ。
何より、ばあやたちの家族になってくれたことがすごくうれしい事だったよ。

まだジュッチャンに会えなくなってしまったことが信じられない・・・。

ジュッチャンに会えたことは私たちの最高の宝物だよ。
この宝物をずっとずっとこれからも大事にして生きていくよ。
そして、いつか私も天国に行けたら、ジュッチャン橋のたもとで待っていてよね。

またねジュッチャン。
また会える日まで・・。
ジュッチャンが残してくれた大切な大切な血統をまもってこれからも頑張るからね。
また会う日までジュッチャン、!!
数えることができないほど・・・ありがとう。

. VENICEと真理子

160304_200053595.jpg
VENICEの厳しい子育て生活も終了し今日は娘の真理子とトリミングに行きました。
もじゃもじゃぼさこのVENICEがきれいになって帰ってきました。
子育て中は自分のことを顧みる暇もないほど夜昼なくよく頑張って子育てをしたね~。
小さい小柄のVENICEですが、たくましいお母さん業を立派に成し遂げました。
今日もそんな紅ちゃんをぎゅってして「頑張ったね、頑張ったね~きれいになってよかったね」って話しました。

160304_201357103.jpg
さて、1歳を過ぎた真理子ですが、まだお耳にかわいいシャンパンがあります。
飼い主としては、消えてほしくないなぁ~。これがボロニーズのかわいいところだもの~。なんて思っています。
真理子は無邪気にVENICEに甘えVENICEも真理子に何をされても怒りません。
親子ってすごいな、って思います。
ばあやのボロニーズバカって言われちゃうかもしれないけれど、ボロニーズって感受性が人間に似ていていつも寄り添ってくれるから一緒に生活していて心があったかくなります。
人生は楽しい事ばかりではないし、壁にぶちあたったり、辛い事にもたくさん出会うけれど、けれど、どんな時でも一緒にボロニーズと生活できるって素晴らしい。
みんな一緒に寄り添ってあったかい気持ちでいられるって素晴らしい幸せだと思います。
. プロフィール

atom1019

Author:atom1019
FC2ブログへようこそ!

. 最新コメント
. フリーエリア
. 検索フォーム
. QRコード
QR