イタリア直輸入犬で、持ち込み腹で来日してくれたデイ(デイジー)ちゃんが10月2日日曜日朝8時40分天に帰っていきました。
unnamed.jpg

デイちゃんは日本のボロニーズの血統を広げるために、イタリアから、ヨーロッパチャンピオンHAPPYの子どもをみごもって来日しました。
来日したときは、長旅のため、また妊娠後のお手入れが行き届かなかったのか、大きなおなかをしてとても、このまま出産ができるような状態ではなかったので来日したその日に夜遅く、ELLYさんにご無理をお願いしてきれいにしていただいたのが来日最初の強烈な印象でした。ELLYさんがお忙しい中快く迎えてくださり急だったにもかかわらず、デイちゃんを大事に大事にきれいにしてくださったのがついこの間のようです。
とても不安でいっぱいのデイちゃんは、来日して1週間後に出産して、立派な赤ちゃんたちを出産してくれました。
グッジョブはデイちゃんの自慢の子どもで、その後も犬舎のお父さんとして活躍してくれました。

デイちゃんはとても繊細な女の子で美人さんでした。
抱っこしてもらうことや、可愛がってもらうことが大好きでした。
デイちゃんの子どもは日本にはグッジョブたちの兄弟4頭ともう一回今は亡きジュリアスとの間に生まれた、アンジェリーナちゃんと、フルルちゃんの二人です。デイちゃんの心はとても繊細だったので、出産を数多くさせることがかわいそうで、出産経験は日本で2回でした。
でもすごく良い子たちがうまれ、グッジョブの活躍により孫たち、ひ孫たちへとと日本で血統が広がりました。

デイちゃんは私たちの犬舎に日本のボロニーズについての光と希望をたくさんくれて、また残してくれました。
このお写真は去年のお誕生日に撮りました。
デイちゃんは私たち家族にも光と希望喜びをたくさん与えてくれて、愛することの喜び愛されることの喜びをたくさん教えてくれました。

そのデイちゃんが、1年半前原因不明の体調不良を訴えその後の検査によって脳腫瘍という難病発覚し、療養生活をずっと送っていました。
何とか助けたくて、色々な検査や治療を重ねましたが、脳の病気はわんこにとっては致命的で手術をしてあげることができず、何とか進行をできるだけ、くい止めてあげることで精一杯でした。
2週間おきの通院、自宅皮下点滴と内服薬服用、転移の有無の検査などを続けました。
最期の時まで主治医の先生には本当に励ましていただき、クオリティオブライフの本当の意味を教えていただきました。
以前の先生には去年一杯頑張れれば大往生だよ。と言われていましたがそれから9か月と二日も頑張ることができました。

みんなの事が大好きで仲間たちと一緒に過ごしたいと最後まで主張してできるだけみんなと過ごしました。

しかし残念ながら、今年の冬を超えたくらいから、臓器のあちらこちらへの転移が明らかになり、もうそう長くはないとわかったときからデイちゃんのいやな医療行為は勇気をもって主治医と相談の結果打ち切り。ただただ苦しくないようにとの目的を変えた医療を開始しました。そして1か月前からとうとう動けなくなりサークルの中での生活が始まりました。
それから2日の亡くなる日まで安らかな穏やかな日々を送りました。
亡くなる朝もじいやに最期の皮下点滴をしてもらい、水分とブドウ糖を補ってもらい、それから間もなく、それはそれは穏やかに天に帰りました。
大好きなじいやのお膝に抱かれて、幸せだったと思います。

日曜日は、ばあやもじいやも教会のお仕事があるので、その朝は亡くなったデイちゃんを連れて一緒に教会に行きました。
教会のお仕事がすべて終わって日がとっぷり暮れた夜、デイちゃんのお葬式をしました。
お花をたくさんたくさん飾りました。

今は天にいるデイちゃんへ。
デイちゃん、はるばるイタリアからきて我が家の家族になってくれたこと本当にありがとう。
デイちゃんは、私たちにたくさんの喜びと希望をくれました。
デイちゃんの存在が希望そのものだった・・・。
デイちゃん、大家族は楽しかったですか?いやなことも悲しい事もきっとたくさんあったよね。
でもデイちゃんはいつも笑顔だったね。
かわいがってかわいがって・・・っておしりふりふりしてきてくれるたびに、私はとってもとっても幸せだったよ。
デイちゃんありがとうね。
たくさんの希望を、ありがとうね。
今考えるとデイちゃんは、私たちにたくさんの希望をくれたのに私はデイちゃんに何もしてあげることができなかったんじゃないかと泣きました。
お葬式のお花をたくさん買ったとき、私はデイちゃんに最期のお花しか買ってあげられなかったんじゃないかと悲しくなり泣きました。

デイちゃん本当にありがとうね。
最期のかわいいかわいいデイちゃんのお顔を忘れないよ。
ありがとう。天国で再会するまで会えないけれど、天国でもたくさん神様にかわいがってもらえますように・・。
またね。。。



ブログを読んでくださった皆様

いつもこの拙いブログを読んでくださりありがとうございます。
おさぼりブログですが、これからも応援してください。
デイちゃんとの残された大切な大切な時間を過ごすために
すっかりおさぼりブログになったときもありました。
これからは、また頑張って犬舎の子どもたちとの楽しい生活を綴っていきたいと思います。

ただ私たちの犬舎も17年目に入ろうとしている今、看取りの子どもたちも増え始めました。
私たちの願いは、最後の最期まで家族の一員として過ごしやりたいということです。
大家族でも、その一人一人は家族になくてはならないオンリーワンの存在で私たちにはかけがえのないボロニーズたちです。
これからも、役目が終わって天に帰る子どもたちのためにも働きたいと思っています。
最後に与えられた大切な時間を過ごし、神様にお返しする日のことを大切に考えて進んでいきたいのです。
こんな犬舎の歩みを見守っていただければこんなに幸いなことはありません。

 | BLOG TOP |